家を買う・借りる・
不動産会社を探すならマイスマ
マイスマ > マイスマ総研 > ヴィンテージマンションが人気沸騰!?築11~25年と築30年超物件の成約が増加傾向

ヴィンテージマンションが人気沸騰!?
築11~25年と築30年超物件の成約が増加傾向

築後数十年が過ぎても価値のあるヴィンテージマンション、立地やデザイン性、知名度などでずっと人気が続いていきます。

ヴィンテージとは英語で年代物という意味があります。年代物のワインいわゆるヴィンテージワインと同じように築年後数十年経っても、人気が衰えず、むしろ価値が上がっているマンションのことをヴィンテージマンションと呼ぶようになりました。

もちろん、ただ古いだけのマンションではなく、ヴィンテージ足りえる条件があります。

まず第一に立地が良いことが挙げられます。ほとんどのヴィンテージマンションは都心の人気エリアに建っています。交通の便が良く、住みやすいことが条件です。

第二はデザイン性が高いことです。バブル期に建てられたようなハイグレードな住居用物件はとてもデザイン性が高く、管理状態も良好でメンテナンスが行き届いていることが多いです。このような物件は一般的に知名度も高く、そこに住むこと自体が一つのステータスと捉えられています。

公益財団法人 東日本不動産流通機構が公表する調査によると2013年1~12月に成約した首都圏中古マンションの成約物件の築年帯別構成比率は築11~25年が39.6%(同38.5%)と拡大、築30年を超える物件も21.6%(前年20.6%)と伸びているとのことです。さらに新規登録物件は築30年超が25.2%(前年23.3%)と大きく拡大していることから需要の高さがうかがえます。

新規登録された物件の中に掘り出し物のヴィンテージマンションが眠っているかもしれませんね。

(参考資料)築年数から見た首都圏の不動産流通市場

掲載をご希望の方へ

マイスマ総研 もっと見る

サムネイル マイホーム購入「知って得する4つの税制」(4)新築住宅優遇の税金 サムネイル マイホーム購入「知って得する4つの税制」(3)譲渡損失の繰り越し控除 サムネイル マイホーム購入「知って得する4つの税制」(2)贈与税 サムネイル 不動産業界の新たな流れ『不動産テック(Real Estate Tech)』とは? サムネイル マイホーム購入「知って得する4つの税制」(1)住宅ローン控除 サムネイル 【千葉県東葛エリア編】ゆったり見学できて交通アクセスがいい「おススメ&穴場… サムネイル 【雨の日を自分らしく過ごす空間】東京の素敵★ブックカフェ5選 サムネイル 【東京駅まで約30分】出張の多いビジネスマンに嬉しい埼玉のおすすめ駅

ページの先頭へ