家を買う・借りる・
不動産会社を探すならマイスマ
マイスマ > マイスマ総研 > 「今の家賃並みの支払いで買える」って本当?

「今の家賃並みの支払いで買える」って本当?

「今の家賃並みの支払いで家が買えます!」住宅のチラシやセールストークでこのフレーズがよく使われています。本当に家賃並みの支払いで買えるのか検証してみましょう。

「今の家賃並みの支払いで家が買えます!」住宅のチラシやセールストークでこのフレーズがよく使われています。本当に家賃並みの支払いで買えるのか検証してみましょう。

現在、賃貸に住んでいて、家賃を15万円払っているとしましょう。家を買うことにして、13万円を住宅ローンの支払いに充てます。差額の2万円(2万円×12ヶ月=24万円)は固定資産税等の支払いに備えておきます。

月々13万円の支払いなら、どのくらいのローンが組めるでしょうか?金利2.5%、35年固定なら、3,600万円くらいのローンが組めます。頭金を1,000万用意したとして、総額4,600万円の中古戸建物件を購入するとしましょう。購入時の諸費用が物件価格の9%かかるとすると、物件価格は4,600万円/1.08で約4,300万円が物件の価格となります。年収に対する住宅ローンの返済比率が20%だとすると13万円×12ヶ月/0.2で780万円の年収があればローンを組めます。マンションの場合、別途、管理費・修繕積立金・駐車場代等がかかるのでご注意下さい。

上の例は、金利を35年固定していますが、こうしたチラシの場合の計算は、優遇金利等を使いまくって、当初何年間かしか適用されない最も安い支払い金額で算出してあります。固定資産税等の不動産を保有することで毎年かかる 税金や、マンションの場合の管理費等も除外されているので注意が必要です。

今の家賃と同じ金額で家が買える(・∀・)と安易に購入すると年間の支払い額が今以上になるでしょうし、数年後に金利が上昇して毎月の支払い額自体が今の家賃をオーバーしてしまう事も十分ありえます。

マイホームは多くの人にとって人生最大の買い物ですから「慎重かつ冷静」に情報を取捨選択し、売り手以外の人の意見や考え方に積極的に触れて、自分の家計に合った住宅ローンを組むことが大切です。資産価値を知るという意味でもこの物件を買うときは近隣の賃貸相場を調べて15万円で貸せるかどうかも考えてみてください。

(参考資料)SBI不動産ガイド

掲載をご希望の方へ

マイスマ総研 もっと見る

サムネイル もう後悔しない!ソファの正しい選び方~5つの大事なポイントを押さえよう~ サムネイル 【女性の賃貸一人暮らし】防犯対策は大丈夫?物件探しのお役立ち情報 サムネイル 社会実験から1年経過――”IT重説”についての基礎知識 サムネイル 【ねこ暮らし】スペースの有効活用にも!猫ちゃんと一緒に使える猫インテリアっ… サムネイル 天災は忘れた頃にやってくる~住宅の生活再建の流れ~ サムネイル 【夏のオフィスのエチケット】正しいシャンプーでエイジングケアや加齢臭対策を サムネイル 【税金対策】法人化で得する人損する人~不動産投資 サムネイル マイスマで学ぶ“住まいに関する税金”~その①家を買う時にかかる税金~

ページの先頭へ