家を買う・借りる・
不動産会社を探すならマイスマ
マイスマ > マイスマ総研 > 所変わればゴミ変わる!?

所変わればゴミ変わる!?

地域によって、ゴミの分け方や収集方法などは大きく異なってきます。

生活していれば、必ずゴミは発生するものですが、地域によってゴミの分別法、出し方は千差万別です。引っ越した先で戸惑われた方も多いでしょう。

夜中に収集が回ってくる

ゴミを出す

大半の地域ではゴミは朝に出すものですが、福岡市周辺などの一部地域では、真夜中にごみ収集が回ってくるので、日没後に出すことになっています。明治時代に、肥料に使うために農作業前の早朝に収集していたのが由来で、ごみ収集を市が行うようになった後にも、交通渋滞を避けられる、カラスが荒らさないなどのメリットがあるので、現代になっても続いています。

火山灰を捨てる

東京23区では、埋立地の残りが少ないこと、また焼却炉でもダイオキシンが発生しないようにしたり熱を回収して発電するシステムを導入したこともあり、プラスチックを燃えるゴミに区分するようになっています。

このように、ごみの区分は自治体ごとの事情を反映しますが、中でも桜島を抱える鹿児島市では、普通のゴミとは別枠で火山灰を収集しています。関東地方でも、いつか起きるかもしれない富士山の噴火に備えて、鹿児島での取り組みを参考にしているところもあります。

ゴミ収集車の音楽

夜中に収集するところは別として、ゴミ収集車が音楽を奏でながら回ってくるところもあります。市民の歌を流しているところ、童謡などを流しているところ、さらには回収するゴミの種類によって音楽を変えているところもあります。

ごみ処理に苦悩する自治体

清掃工場

ごみ処理施設や埋立処分場は、周囲にあまり恩恵があるものではないこともあって、多くの都市で確保に苦労しているという状況があります。古くは1970年台に、自前の焼却炉を作る計画が進まない状態となっていた杉並区のゴミを江東区が受け入れ拒否したという、「東京ゴミ戦争」というような事態も起こり、近年でも東京都小金井市で、老朽化した焼却施設を代替先が決まらないまま廃止した結果、10年以上も安定したごみ処理の枠組みを作れず、時にはごみ収集自体が止まってしまう事態ともなっています。

掲載をご希望の方へ

マイスマ総研 もっと見る

サムネイル 今年こそクリスマスリース作りにチャレンジしよう サムネイル もう後悔しない!ソファの正しい選び方~5つの大事なポイントを押さえよう~ サムネイル 【女性の賃貸一人暮らし】防犯対策は大丈夫?物件探しのお役立ち情報 サムネイル 社会実験から1年経過――”IT重説”についての基礎知識 サムネイル 【ねこ暮らし】スペースの有効活用にも!猫ちゃんと一緒に使える猫インテリアっ… サムネイル 天災は忘れた頃にやってくる~住宅の生活再建の流れ~ サムネイル 【夏のオフィスのエチケット】正しいシャンプーでエイジングケアや加齢臭対策を サムネイル 【税金対策】法人化で得する人損する人~不動産投資

ページの先頭へ